« 怪しいヤツが屋根の上に | トップページ | 新年会のカニ懐石 »

2010/01/06

実家わんこ、虹の橋の向こうへ

大雪でバタバタした年末年始も落ちついたので、休み最終日の昨日は実家へお年始に行ってきました。
いつも玄関を開けると飛びついてくるわんこのクロなんですが、昨日はそれがありませんでした。

ほどなくクロが元旦年明けすぐに虹の橋を渡っていたことを両親から聞かされました。

家でついた正月用のお餅をおすそわけしに、年末に実家へ行ったときは既に寝たきりになっていたので覚悟はしていたんですが、それが私の見た最後の姿だったとは信じられない思いです。

昨年11月、倒れる前のクロの最後の写真です↓元気そうですよね・・・
100105_140109
一緒に暮らしてはいませんでしたが、私の代わりに両親を見守ってくれていたクロに感謝です。
どこに行くにも車に乗せて出かけて、大型犬なのに家の中を自由に放牧されて幸せなわんこだったと思います。
雷が大嫌いで、ゴロゴロ鳴ると部屋の隅で震えてたそうです。
おとなしい忠実なわんこでした。
安らかに・・・

続きでクロの亡くなる様子を書いております。
生々しいかと思いますので苦手な方はご注意くださいませ~m(__)m

クロはシベリアンハスキーのミックスで、かなりデカイです。
私が実家を出て、両親が定年になってからお迎えしたわんこで、13年生きました。

具合が悪くなったのは12月中旬で、急にほとんど動けなくなったような感じだったそうです。
病院に連れて行くにも30キロ超ある体重ではどうにもなりませんで、一度父が抱き起こそうとしたら噛まれたそうです。
とりあえず薬で様子見をしていたんですが、大晦日に容態が急変し、すごく苦しみだして暴れたそうです。

おさえようとして母が噛まれました。
右手の甲と、手のひらに歯形の穴が空いて血が出たそうです。
すぐ止血して、戻るともうクロは息をしていなかったそうです。

大雪で忙しかったとはいえ、年始の電話をしなかった事を悔やみます。
元日と2日はそのまま家に置いて3日に家族揃って火葬場へ行ったそうです。
普段の年なら私は3日には年始に行ってるんですけどね。一緒に行けず残念でした。

母はクロに噛まれたあと、すぐに病院に行けば良かったんですけどそのまま放置してしまいまして・・・。
右腕までパンパンに腫れてしまったそうです。
5日の朝に病院に行ったらリンパ腺が腫れて危ないところだったと言われてびっくり。
先生に叱られたそうです・・・。
破傷風の予防注射とペニシリン?(同じ?)を打たれて帰ってきたそうです。
病院から帰った直後に私が年始に来たというタイミングです。
100105_122454
↑母の腕です。リンパ腺が真っ赤に色付いてます。
いやぁ・・・・手遅れにならなくてよかった・・・・っていうか、ちょっと無頓着ですよねぇ(泣)
100105_122517
まだ包帯をした手の甲がパンパンに腫れてました。
この痛みがひく頃までに、クロがいなくなった寂しさが癒えていますように・・・。

今回はクロの生きた証として自分なりに書き留めておこうと思った日記です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

|

« 怪しいヤツが屋根の上に | トップページ | 新年会のカニ懐石 »

コメント

クロちゃんのご冥福お祈りします。
そしてお母様の怪我が早く良くなりますように。最後はなんで噛んでしまったのでしょうね。我が家で昔飼っていた犬も14歳で老衰で亡くなりました。わかっちゃいるけど先に行くのを見取るのは寂しいものですね。我が家のキャンディーの事ももう歳なので覚悟はしているのですが考えると寂しくなっちゃいます。
雪、すごいみたいですね。
FUROさんちは大丈夫ですか?

投稿: ぺこりん | 2010/01/06 23:32

クロちゃんのご冥福をお祈りします。
FUROさん、悔やまれると思います。
けど、それは自然の流れであって・・・責めないでね。

今日は関西熟女の愛モルも天使になった報告を受けて
角ピーもシクシクです。
弔い酒、もう1杯飲むことにします。
うまい事言えんでごめんね。
母様の傷、心の傷と共に癒えますように。

投稿: 角ピー | 2010/01/06 23:48

クロちゃんのご冥福をお祈りいたします。
動くのもしんどくて、噛んじゃったんでしょうね。
病院には行きたくなかっただろうし…。
ボクのこと、忘れないでね!もあったかも…。
最後に強烈な思い出を残してくれたクロちゃんを、誰も忘れないですよね。
FUROさんは最後のお別れができずに、残念でした。
きっとクロちゃんは、FUROさんに顔を見られたくなかったんでしょう。
だから大雪にして、動けないように閉じ込めた。
すべては、クロちゃんの心のままに…。
だから、悔やまないでくださいね。
今はクロちゃんも安らかに。

投稿: もぐたん | 2010/01/07 07:40

大型犬は、小型犬よりも、心臓に負担がかかるので、
突然、容態が変わることもある、と、
聞いたことがあります...
噛んでしまったのも、動物ならではの野生さ、
と言いましょうか、きっとそれだけ
苦しかったんでしょうね...
忘れないでね、という想いもあった、
そんな気もします...
突然のお別れ、ご両親もFUROさんも、
お辛さもひとしおのことと、お気持ちお察しします...
看取るのも、看取れないのも、
それぞれの辛さと淋しさがありますものね...

動物好きなFUROさんのご両親ですもの、
どんなにかクロちゃんのことを、
たっぷりと愛したことでしょう!
クロちゃん、しあわせでしたね。
お写真のクロちゃん、しあわせいっぱいな表情だもの。

お母さまの手の傷、一日も早く良くなりますように...

クロちゃんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: のんちー母 | 2010/01/07 07:53

クロちゃんなりのお別れの挨拶やったんでしょう。
ちょっと痛い思い出だけど、そういう強烈な思い出を残してくれる子は、年月が経つと思い出すきっかけをたくさん作ってくれたと思えることでしょうね。
とはいえ、お母様お大事になさってください。
FUROさんもクロちゃんの思い出たくさんありそうですね。日記に時には書いてください。直接会ったことはないワンコちゃんですけど、私も思い出すことができますから。
安らかにお眠りください。

投稿: あかしあ | 2010/01/07 08:36

クロちゃん、そうだったんですか。
かなり前に、こちらのブログで写真を拝見していましたが、
凛々しい顔立ちで、格好いい子でしたよね。
命尽きるぎりぎりまで、頑張って生きたのだと知り、
クロちゃん、とっても偉かったなと思います。

やはり大型犬は、力強いですね…。
お母様、痛々しい;最後のプレゼントにしては、
インパクトがありますね。お大事に。

私も琴ちゃんに付けられた傷が、サヨナラした後
半月くらい、治らなかったことがあります。
爪で引っかかれたモノでした。彼女の場合
日常的でしたけどね。

共に家族が目の前からいなくなると言う経験は、
私もございますので、さぞ寂しいことと思いますが、
あまりお気を落とされませんよう、願っています。
クロちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: めぐ | 2010/01/07 09:59

クロちゃん、しっかりとFUROさんの変わりに、
ご両親を守ってきたんですね・・・
クロちゃん、とっても頑張ったんですね!!
みんなに愛されたクロちゃん、
これからもみんなを見守っていてくれると思います。
クロちやんのご冥福を心よりお祈り致します・・・
お母様の傷、早く治るといいですね・・・

投稿: ままっち | 2010/01/07 13:12

ぺこりん、ありがとうございます。
最後はもう苦しくて必死だったんでしょうね・・・。
クロの先代わんこは18年生きて愛護協会から表彰状を頂きました。
その子の最後も見届けられなかったんですよね・・・。
雪は小康状態で、今は支障ありません。
積雪も50センチくらいに落ちました~。


角ピーさん、ありがとうございます。
辛いですが自然の流れを受け止めます。
お友達のお宅のモルモットさんも天使になってしまったんですね。
弔い酒、私も帰宅してから飲みましたよ~。
母へのお気遣いもありがとうございます。


もぐたん、もう無我夢中だったんでしょうね・・・。
ホント、強烈な思い出と共に行ってしまいました。
年末に見たときも全然顔を上げられない状態で、顔は見せてくれませんでした。
お言葉ありがとうございます。クロに届いていると思います。


のんちー母さん、やはり心臓系の病だったんでしょうね、息が荒かったと父が言ってました。
彼は噛んでしまってから「しまった」って思っていたはずです。大好きなお父さんお母さんでしたから。
クロのいない実家は静かでした。
両親の年齢からしても、もう動物は飼えないと言ってました。切ないですよね・・・。
お言葉ありがとうございました。


あかしあさん、忘れようとしても忘れられない思い出を残してクロは旅立っていきました。
「待て」が得意で、鼻の上におやつを乗せられても「よし」と言うまでは決して食べずにおやつを見つめていた姿が思い出されます。
ヨダレダラダラでしたけどね(^^;)
両親にとっては私がいなくなった代わりに息子のように可愛がっていたわんこだったんだと思います。
クロへのお言葉ありがとうございました。


めぐさん、何度かこのブログに登場していましたよね、クロ。
具合が悪くなったのが急すぎて、今も信じられない感じです。
せめての救いは、長く苦しむことがなかったということです。
立てないというのにすごい力で噛むなんて、それはないだろう~~なんて突っこみたくなりますが(^^;)
琴ちゃんもレコがかなわないほどのカミカミでしたね~、懐かしいです。
あまり引きずらないよう、気持ちの整理も込めて日記にしてみました。
もうほとんど気持ち切り替えております。
ありがとうございました。


ままっちさん、クロのおかげで両親は寂しい思いをしなくて済んだと思ってます。
感謝してもしきれないくらい。
これからしばらく経つと、また両親は寂しくなっちゃうんだろうなとか、色々考えてしまします。
母の傷も悪化しないよう、マメに連絡してみたいと思います。
お言葉、ありがとうございました。

投稿: FURO | 2010/01/07 19:54

クロちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

暑さを苦手とするハスキーが13年生きたということは気候も合っていたんでしょうね。

お母様お大事にしてくださいね。

投稿: ワークン | 2010/01/07 22:44

ワークンさん、ありがとうございます。
夏はかなり暑そうでした。水遊びが大好きでしたね~。
遊んだ後ブルブルって水を周りに飛ばしておりました。デカイから周りが水浸しで(^^;)
思い出をいっぱい残してくれました。

投稿: FURO | 2010/01/08 07:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58715/47222349

この記事へのトラックバック一覧です: 実家わんこ、虹の橋の向こうへ:

« 怪しいヤツが屋根の上に | トップページ | 新年会のカニ懐石 »